[受験理科の直感的理解と暗記--小学・中学・高校]

科学短歌の利用法--物理--熱エネルギーと熱力学--放射・放射冷却

教材一覧

 

元素かるた

科学の偉人かるた

 

物理学

Physics

 

熱エネルギーと熱力学

 

 

放射・放射冷却

 

 

           真空を伝わる波のエネルギー、電子揺さぶり熱を伝える。

                      しんくうを つたわるなみの エネルギー でんしゆさぶり ねつをつたえる

 

物体はすべて放射でエネルギー失いながら吸収もして。

           ぶったいは すべてほうしゃで エネルギー うしないながら きゅうしゅうもして

 

エネルギー高くなるほど電磁波の波長短く激しく揺れる。

           エネルギー たかくなるほど でんじはの はちょうみじかく はげしくゆれる

 

600度、赤い光が現れて、もう600[]で虹色揃い。(白色光)

           ろっぴゃくど あかいひかりが あらわれて もうろっぴゃくで にじいろそろい

 

反射せず、光返さぬ袋小路。出口なき穴、黒体と呼び。

           はんしゃせず ひかりかえさぬ ふくろこうじ でぐちなきあな こくたいとよび

 

 

吸収に秀で、黒体、周囲より温度上げても、放射して冷え。

           きゅうしゅうに ひいでこくたい しゅういより おんどあげても ほうしゃしてひえ

 

白いモノ、鏡面、すぐれた反射体。熱を逃がさず、吸収もせず。

           しろいもの きょうめんすぐれた はんしゃたい ねつをにがさず

 

太陽の光なければ、エネルギー受け取るよりも放射し冷える。

           たいようの ひかりなければ エネルギー うけとるよりも ほうしゃしひえる

 

地中から熱受けにくい草・藁は、霜降りやすし、放射で冷えて。

           ちちゅうから ねつうけにくい くさ・わらは しもふりやすし ほうしゃでひえて

 

雲からの放射さえない冬の夜は、放射冷却とりわけ厳し。

           くもからの ほうしゃさえない ふゆのよは ほうしゃれいきゃく とりわけきびし

 

温かいものほど速く冷えやすし。温度の違いに比例しながら。

           あたたかい ものほどはやく ひえやすし おんどのちがいに ひれいしながら

 

 

参考資料

Newton

Nature ダイジェスト

日経サイエンス

子供の科学

マンガ 物理に強くなる (ブルーバックス)

マンガ+要点整理+演習問題でわかる 物理化学

週刊 そーなんだ 科学編

たのしい授業 

(仮説実験授業の雑誌)

発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学) (ブルーバックス)

新しい科学の教科書 物理編―現代人のための中学理科

新しい高校物理の教科書 (ブルーバックス)

微積で楽しく高校物理がわかる本―社会人のための再入門

 

進学レーダー

私立中高進学通信

医歯薬進学

数学セミナー

蛍雪時代

たくさんのふしぎ

かがくのとも

マンガでわかる電気