[受験理科の直感的理解と暗記--小学・中学・高校]

[塾の費用が家計を圧迫しない家庭学習法]

 

科学短歌の利用法--生物--生物の分類と進化--動物の分類 (海綿・刺胞・軟体・環形・棘皮・節足動物)

教材一覧

 

元素かるた

科学の偉人かるた

 

生物

Biology

 

生物の分類と進化

 

 

動物の分類 (海綿・刺胞・軟体・環形・棘皮・節足動物)

 

 

生体の化学反応効率を落とさぬためのサイズの限度。(原生生物の大きさ)

 

細胞口、取り込む餌を食胞で消化しているゾウリムシたち。

 

単純な海綿たちは、原生代最後のエディアカラ紀にはいて。

 

細胞の結合ゆるく器官さえはっきりしない海綿動物。

 

神経や触手に器官が分化した刺胞動物、クラゲやサンゴ。

 

骨格のかわりに貝殻あったりなかったり、貝・イカ・タコは軟体動物。

 

軟らかい環状体節連なった環形動物、ミミズやゴカイ。

 

トゲのある放射形したウニ、ヒトデ、切れても生える棘皮動物。

 

クチクラの外骨格を脱皮して成長遂げる節足動物。

 

 

参考資料

レジデント (雑誌)

Nature ダイジェスト

日経サイエンス

子供の科学

マンガでわかる分子生物学

細胞工学 (雑誌)

週刊 そーなんだ 科学編

たのしい授業 

(仮説実験授業の雑誌)

実験医学 (雑誌)

発展コラム式 中学理科の教科書 第2分野(生物・地球・宇宙) (ブルーバックス)

新しい科学の教科書―現代人のための中学理科 (生物編)

新しい高校生物の教科書―現代人のための高校理科 (ブルーバックス)

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 1 細胞生物学 (ブルーバックス)

 

進学レーダー

私立中高進学通信

理科教室 (雑誌)

ジュニアアエラ

蛍雪時代

医学のあゆみ (雑誌)

海洋と生物 (雑誌)

マンガでわかる生化学