天才をつくる教材

メルマガ登録

受験業界にだまされない家庭学習法

Home

 

仕事と勉強は、こんなに似ている

 

 

 

 学校を出て仕事を始めてからというもの、「仕事と勉強は全然違うものだ」とずっと思い込んできた。

 ところが、最近になって気が付いたことがある。それは、「仕事と勉強は意外によく似ている」ということだ。

 では、どこが似ているのだろうか。

 例えば、こんなことである。

 

一般に、学校の勉強というものは、テストの点数ばかり上げようとしても、あまり上手くいかないものである。「テストに出ることだけ教えてほしい」なんて言う生徒は、たいてい成績が伸び悩む。そうするとますます「テストでは何が出るのか」という思考に陥り、そこから抜け出せなくなる。

だが、そんな思考法からは一日も早く脱して「将来の夢」などを思い描きながら勉強するほうが絶対にいいのである。

つまり、試験勉強といえども、「点数は後から付いてくる」くらいに思っていたほうがきっと上手くいく。

 

子どもの成績が上がり、お金も貯まる!?  -- 音読学習の実際

 

暗記力を高め、かるたにもなる音読教材。今なら全内容の試し読みが無料

 

 『リズムとクイズで覚える小学校の理科』「小学生向き理科カード五・七・五」の内容に解説を加えました。小さな子でも覚えやすく、高度な理科を先取りできます。(総合編。分冊版もあります。)

 

 『理科百人一首 物理・化学編』小学校高学年から高校の先取りまで。詳しい解説で文系のお父さん、お母さんがお子さんに説明してあげられるようにしました。

 

 『理科百人一首 生物・地学編』五七五七七なら生き物や人体、地球と宇宙のしくみが直感的にイメージできます。解説、確認問題付きで、覚えやすいように工夫しています。

 

 『元素百人一首』特色や用途を五七五七七で覚えられます。解説、確認問題付き。

 

 『日本史人物 百人一首』かるた遊びは小学生から。解説は歴史の流れや人物関係を重視し、中学と高校をつなぐ内容になっています。

 

 『世界の国々 百人一首』中学地理でとりあげられる国については地理や気候を、比較的なじみのない国については歴史を重視して五七五にまとめ、解説しました。かるた遊びもできます。

 

 

塾に行かず、一日10分の自宅学習で、60だった数学90に! --奇跡の音読学習

 

 

 仕事だって同じことである。「おカネがほしい」とか「おカネのためだ」と思いながらやっていると、かえって儲からないことが多い。そして儲からないからこそ、「おカネがほしい」という思考にはまっていく。だが、そうするよりも、喜んでいるお客さんの顔などを思い浮かべながらやるほうがいいに決まっているのだ。

ということは、仕事でもやはり、「おカネは後から付いてくる」と思っていたほうが上手くいくのである。

 

 実際のところ、テストの点数も、おカネも、勉強や仕事の全体像を表す指標だとは、とうてい言えない。勉強や仕事から得られるもののうち、ごく一部をあらわすものにすぎないのだ。どんなことでも、できるだけ全体を見るように心がけたほうが、きっと上手くいくのは当たり前のことである。

 考えてみれば、仕事も勉強も「自らの成長をはかるもの」という点では変わるところがない。目立った違いがあるとすれば、勉強がどちらかと言えば自己修練に重点があるのに対し、仕事は他者とのコミュニケーションに重点があることだろうか。つまり、勉強は一人でもできるが、仕事は他者の存在を通じて初めて付加価値を生むことができる。だが、いずれにしても、「ボールを追わずにスコアボードを追う」ような態度で勝つことができないのは同じことなのである。

 

 小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ

 

 

サイトマップ

(物理)(化学)(地学)(生物)(その他)