天才をつくる教材

メルマガ登録

塾代を節約する家庭学習法

Home

 

 

学習指導要領を読んでみた

「生きる力」を与える力

 

 

 

「生きる力」=「稼ぐ力」

 いかに教育熱心な親でも、文部科学省の学習指導要領や中教審による答申などを実際に読んだという人は少ないだろう。

 読んで面白いものではないが、世間に流布している説が正しいかどうか確かめるには、実際に読んでみるしかない。学習指導要領を読めば、例えば「円周率は3と教えよ」などとは決して書いてないことがわかるだろう。

参考・学習指導要領関連本一覧

 このような誤解はあったものの、いわゆる「ゆとり教育」は、学力低下の原因であると批判されて鳴りをひそめた。それに代わって強調されているのが「生きる力」であるが、「生きる力を身につけるためのゆとり」なのだから、両者は軌を一にすると見ていい。

 ところで、「生きる力」と聞けば、どんな力のことだと思うだろうか。

 率直に言って、「稼ぐ力」こそ、それなのではないか、と思う。現代というこの苛酷な時代に子供を送り出さなければならない親としては、これこそがまずわが子に身に付けて欲しい「生きる力」ではなかろうか、と思うのだ。

 と考えると、まず疑問に思うのが、本当にそんなものを学校で教えられるのか、ということである。景気がどんなに悪くてもつぶれることのない公立学校の、よほどの不祥事でも起こさない限りはクビにならない先生たちに、そもそも人に教えるほどの「稼ぐ力」が備わっているとも思えないのである。

 

文部科学省が考える「生きる力」

 では、文部科学省が考える「生きる力」とは何なのか。そこで学習指導要領や文部官僚のコメントを読んでみよう。

 「いかに社会が変化しようと、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力」

 「自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性」

 「たくましく生きるための健康や体力」

とある。

 

 天才をつくるシリーズ

 小学生から遊べる三角関数・対数ゲーム 親子で遊ぶ トランプで解く確率

小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ

 

 

 ここで筆者が「稼ぐ力」と言っても、狭い意味での金儲けの技術などに限っているわけではない。従って、確かに、これらも間接的には「稼ぐ力」となり得るものを含んでいる。

だが、やはり、こういうことを学校で学ぶ(*)ことには相当な無理があるのではないかと思わざるを得ないのだ。

 (*)以前、NHKで米大学の起業家養成講座のカリスマ教授が日本で出張授業をするという番組(『スタンフォード白熱教室@大阪大学』)をやっていて、これをちょっと変えたら小学生・中学生・高校生などにも使えるのではないかと思ったが、そのくらいのレベルでやらない限り、こんな力を身に付けさせる授業は難しいのではないかと思う。

 

学校は教科に集中するべき

 こうしてみると、文部科学省の掲げる理念はなかなか立派なのだが、ある意味でこれらは大人にとっても「理想」なのであって、国語・算数・理科・社会などをいかに総合したところで身に付くといった性質のものではないように思える。いや、そもそも「教える」といったこと自体になじまないだろう。国語・算数・理科・社会といった教科であれば、教えるべき内容も決まっており、学校にはそれなりのノウハウもあるだろうが、「生きる力」などというものは、結局大人の生きざまを見せ、感じ取らせるしかないものだ。

結論から言えば、学校よりも家庭で教えるほうが適当なのではないか。

従って学校は、とりわけ中学校・高校という段階であれば、もともとノウハウのある「教科を教える」ということに集中したほうがいい。むしろそのほうが結果的に子供の「生きる力」=「稼ぐ力」を育むことになる。学校が教えられる「生きる力」とは、結局のところ「学ぶ力」以外にないと思うのだ。

 

[1] [2]

 

子どもの成績が上がり、お金も貯まる!?  -- 音読学習の実際

 

暗記力を高め、かるたにもなる音読教材。今なら全内容の試し読みが無料

 

 『リズムとクイズで覚える小学校の理科』「小学生向き理科カード五・七・五」の内容に解説を加えました。小さな子でも覚えやすく、高度な理科を先取りできます。(総合編。分冊版もあります。)

 

 『理科百人一首 物理・化学編』小学校高学年から高校の先取りまで。詳しい解説で文系のお父さん、お母さんがお子さんに説明してあげられるようにしました。

 

 『理科百人一首 生物・地学編』五七五七七なら生き物や人体、地球と宇宙のしくみが直感的にイメージできます。解説、確認問題付きで、覚えやすいように工夫しています。

 

 『元素百人一首』特色や用途を五七五七七で覚えられます。解説、確認問題付き。

 

 『日本史人物 百人一首』かるた遊びは小学生から。解説は歴史の流れや人物関係を重視し、中学と高校をつなぐ内容になっています。

 

 『世界の国々 百人一首』中学地理でとりあげられる国については地理や気候を、比較的なじみのない国については歴史を重視して五七五にまとめ、解説しました。かるた遊びもできます。

 

 

塾に行かず、一日10分の自宅学習で、60だった数学90に! --奇跡の音読学習