天才をつくる教材集

 

数学嫌いにならないために

 高等学校で習う対数が不可解なものに思える大きな原因のひとつは、このような小学校の算数とのつながりがよく見えないことでしょう。「log」という見慣れない記号とあいまって、「特殊なもの」「自分とは関係ないもの」と思い込んでしまったら、それだけで「やる気ない」「わからない」になってしまいます。けれども、「ああ、かける回数のことだ」とか「ケタを数えるのと同じことだ」と気が付けば、ふだん目にしている数字と基本的には同じものだと思えてくるに違いありません。

そうなれば、あとは記号の扱いに慣れてしまえばそれでいいのです。

 とはいうものの、高校数学で対数を習ったときに、「算数の位取りと同じだ」と気が付く生徒はごくわずかでしょう。多くの生徒は、わけのわからないまま公式を覚えさせられ、さらに応用問題を解かされて、「こんなこと無意味だ」と思って数学嫌いになってしまうのです。

 そうならないためには、算数の位取りを覚えた小学生のうちから、位取りの一歩先に進んで、位取りの基本にある「対数的な考え方」を意識させたほうがいいのです。

小学生のうちから対数的な考え方が身に付いていれば、高等学校で習う対数はその延長線上に過ぎません。もともと身に付いている概念を一般化して応用するだけで事足りるからです。

小学生から遊べる三角関数ゲームのつくり方、遊び方』目次

 

直感を育て、暗記に役立つシリーズ

Kindle Unlimited にて、すべて無料でお読みいただけます。

 

 『理科百人一首 物理・化学編』小学校高学年から高校の先取りまで。詳しい解説で文系のお父さん、お母さんがお子さんに説明してあげられるようにしました。

 

 『理科百人一首 生物・地学編』五七五七七なら生き物や人体、地球と宇宙のしくみが直感的にイメージできます。解説、確認問題付きで、覚えやすいように工夫しています。

 

 『元素百人一首』特色や用途を五七五七七で覚えられます。解説、確認問題付き。

 

 『日本史人物 百人一首』かるた遊びは小学生から。解説は歴史の流れや人物関係を重視し、中学と高校をつなぐ内容になっています。

 

 『世界の国々 百人一首』中学地理でとりあげられる国については地理や気候を、比較的なじみのない国については歴史を重視して五七五にまとめ、解説しました。かるた遊びもできます。

 

 

天才をつくるシリーズ

 小学生から遊べる三角関数・対数ゲーム 親子で遊ぶ トランプで解く確率

小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ

 

 

[HOME]