天才をつくる教材集

 

「実験数学」への道

このように、数学や算数でも、ただ頭で考えるだけでなくて「実際にやってみる」ことを「数理実験」とか「実験数学」などと呼んでいます。学校の教室では、サイコロやくじ引きを利用した確率の実験くらいはするかも知れませんが、ふつうは算数や数学で実験をする機会はまれと思います。ですから、このゲームで遊ばれたお子さんは、これまで知らなかった「算数・数学の別の顔」に触れることになるでじょう。

 さらに重要なことに、このゲームで遊ぶことに慣れたお子さんは、円周上の運動や回転運動を往復運動に変換するやり方、さらに「サイン」、「コサイン」の意味について、すっかり馴染んでいるはずです。

 それどころか、このゲームで遊んだお子さんは、わけもわからずに公式の暗記に明け暮れている一般の高校生がついに知ることのない「三角関数の本質」をすでに学んでいるかも知れません。

このゲームで遊んだお子さんにとっては、高校に入り、数学の授業で本格的な三角関数の導入がされても、それは「旧友との再会」みたいなものでしょう。

そのとき「知らない=関係ない=難しい」という心理的な抵抗が外れているだけでも、前進するスピードはずいぶん違います。

「ぜんぜん知らないこと」は、自分と無関係に思えるために、勉強することが苦痛に感じられてもおかしくありません。

けれども、「ちょっと知っていること」を詳しく学ぶのは、それとはぜんぜん違います。まるで友だちから秘密を打ち明けられたときのように、興味が自然にわいてくるのです。

本書でご紹介するゲームの狙いは、そこにあります。

小学生から遊べる三角関数ゲームのつくり方、遊び方』目次

 

直感を育て、暗記に役立つシリーズ

Kindle Unlimited にて、すべて無料でお読みいただけます。

 

 『理科百人一首 物理・化学編』小学校高学年から高校の先取りまで。詳しい解説で文系のお父さん、お母さんがお子さんに説明してあげられるようにしました。

 

 『理科百人一首 生物・地学編』五七五七七なら生き物や人体、地球と宇宙のしくみが直感的にイメージできます。解説、確認問題付きで、覚えやすいように工夫しています。

 

 『元素百人一首』特色や用途を五七五七七で覚えられます。解説、確認問題付き。

 

 『日本史人物 百人一首』かるた遊びは小学生から。解説は歴史の流れや人物関係を重視し、中学と高校をつなぐ内容になっています。

 

 『世界の国々 百人一首』中学地理でとりあげられる国については地理や気候を、比較的なじみのない国については歴史を重視して五七五にまとめ、解説しました。かるた遊びもできます。

 

 

天才をつくるシリーズ

 小学生から遊べる三角関数・対数ゲーム 親子で遊ぶ トランプで解く確率

小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ

 

 

[HOME]