天才をつくる教材

メルマガ登録

受験業界にだまされない家庭学習法

Home

 

小学生から遊べる三角関数ゲーム

数学を楽しめる子になるために

 

 

三角関数なんて時計みたいなもの(!?)

 「えっ!? 小学生に三角関数!?

 そう思われている方は少なくないかも知れません。

 「自分が高校時代にあれほど苦しんだ三角関数が小学生にわかるものか!?

 そう思われても無理はないでしょう。実際、高校数学でつまずく大きなきっかけが三角関数なのですから。「サイン、コサインなんて見たくもない」という理由で理数系科目を捨ててしまい、国立大文系もあきらめて、「私立大文系に志望校を絞った」という生徒は多いのではないでしょうか。

逆に、「三角関数を制する者は高校数学を制する」とも言えます。数学をあきらめなければ文系でも国立大学に進学できますから、多額の学費節約にもなります。それで浮いた分は海外留学など、新たな教育投資に使えるのです。

 実は、三角関数それ自体は思ったほど複雑怪奇なものではなく、実際の原理は単純です。

それは、「時計の針の動き(ただし針は1本で逆回り)」みたいなものだとも言えます。また、遊園地などにある観覧車のゴンドラの動きにたとえる人もいます。

ですから、基本的な原理に絞れば、小学生にも理解できるのです。

 

 

子どもの成績が上がり、お金も貯まる!?  -- 音読学習の実際

 

暗記力を高め、かるたにもなる音読教材。今なら全内容の試し読みが無料

 

 『リズムとクイズで覚える小学校の理科』「小学生向き理科カード五・七・五」の内容に解説を加えました。小さな子でも覚えやすく、高度な理科を先取りできます。(総合編。分冊版もあります。)

 

 『理科百人一首 物理・化学編』小学校高学年から高校の先取りまで。詳しい解説で文系のお父さん、お母さんがお子さんに説明してあげられるようにしました。

 

 『理科百人一首 生物・地学編』五七五七七なら生き物や人体、地球と宇宙のしくみが直感的にイメージできます。解説、確認問題付きで、覚えやすいように工夫しています。

 

 『元素百人一首』特色や用途を五七五七七で覚えられます。解説、確認問題付き。

 

 『日本史人物 百人一首』かるた遊びは小学生から。解説は歴史の流れや人物関係を重視し、中学と高校をつなぐ内容になっています。

 

 『世界の国々 百人一首』中学地理でとりあげられる国については地理や気候を、比較的なじみのない国については歴史を重視して五七五にまとめ、解説しました。かるた遊びもできます。

 

 

塾に行かず、一日10分の自宅学習で、60だった数学90に! --奇跡の音読学習

 

小学生から遊べる三角関数ゲーム

実際、複雑な公式などは抜きにして、原理だけを伝えるなら、小学生にも十分に伝わります。

時計が難なく読めるのは、学校で習ったあとも毎日使っているからです。サイン、コサインも時計みたいなものですが、単に「慣れていない」から難しく感じるだけです。不慣れなことへの抵抗感を「難しい」と錯覚しているのです。

 ですから、大事なことは、まず「慣れること」でしょう。

 三角関数といえども、いったん慣れてしまえば、時計を読むのと大して変わりはありません。実際、時計みたいなものなのですから。

 この考えに基づき、当サイトでは、小学生から遊べる三角関数ゲームを考案しました。遊びながら三角関数の基本原理がわかります。

 

              小学生から遊べる 三角関数ゲーム・対数ゲームの作り方、遊び方

 

「三角関数」という言葉は知らなくても、このゲームで遊んでいれば、その考え方に慣れ親しむことができます。改めて学校で習ったときに、「ああ、あれね」というぐあいにパッとイメージが浮かぶようになっていれば、あとは複雑な公式も応用問題もこわくありません。

それどころか、三角関数についてもっと勉強したくなることでしょう。慣れ親しんだものについて詳しく知りたくなるのは自然な心理だからです。

三角関数や対数でつまずかなければ、高校数学を乗り切ることは十分に可能です。たったそれだけのことで、子どもの人生の可能性を大きく広げることができるでしょう。

小学生から遊べる対数ゲーム

親子で遊びながら解く 確率トランプ・パズル

 

天才をつくるシリーズ

 小学生から遊べる三角関数・対数ゲーム 親子で遊ぶ トランプで解く確率

小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ