天才をつくる教材

メルマガ登録

受験業界にだまされない家庭学習法

Home

 

 

Q. 定期テストの成績は悪くないのに、模擬試験になると悲惨なほど点がとれません。どうすれば模試の成績がよくなりますか。[Q&A 教育・学習・勉強の悩み相談]

 

A.

模試の成績を上げる方法

 

 

定期テストの勉強では模試に対応できない

 中間や期末テストなどの学校の成績がいいのに、模擬試験や実力テストの成績が振るわないのは、中高生ではめずらしくないことです。これは要するに、中間や期末テストの勉強では、模試や実力テストに対応できるような実力が付いていないということでしょう。

 中学や高校での中間考査や期末試験は、授業内容をどのくらい覚えているかを問うものと言っていいと思います。しかも、範囲はせいぜい二三ヶ月程度のことですから、ある程度集中して勉強するなら覚えられないことはありません。けれども、模試や実力テストで問われるのは、「蓄積されている力」なのですから、テストが終わった次の日から1ヶ月もたてば忘れてしまうような勉強の仕方では、太刀打ちできるわけがないのです。

 

子どもの成績が上がり、お金も貯まる!?  -- 音読学習の実際

 

暗記力を高め、かるたにもなる音読教材。今なら全内容の試し読みが無料

 

 『リズムとクイズで覚える小学校の理科』「小学生向き理科カード五・七・五」の内容に解説を加えました。小さな子でも覚えやすく、高度な理科を先取りできます。(総合編。分冊版もあります。)

 

 『理科百人一首 物理・化学編』小学校高学年から高校の先取りまで。詳しい解説で文系のお父さん、お母さんがお子さんに説明してあげられるようにしました。

 

 『理科百人一首 生物・地学編』五七五七七なら生き物や人体、地球と宇宙のしくみが直感的にイメージできます。解説、確認問題付きで、覚えやすいように工夫しています。

 

 『元素百人一首』特色や用途を五七五七七で覚えられます。解説、確認問題付き。

 

 『日本史人物 百人一首』かるた遊びは小学生から。解説は歴史の流れや人物関係を重視し、中学と高校をつなぐ内容になっています。

 

 『世界の国々 百人一首』中学地理でとりあげられる国については地理や気候を、比較的なじみのない国については歴史を重視して五七五にまとめ、解説しました。かるた遊びもできます。

 

 

塾に行かず、一日10分の自宅学習で、60だった数学90に! --奇跡の音読学習

 

 

勉強の三要素のバランス

 ここで考えて欲しいのが、「わかる」、「おぼえる」、「できる」という勉強の三つの要素がバランスを保っているような勉強をしているかということです。

 中間テストや期末考査のための勉強では、「覚える」に偏りすぎている可能性があります。けれども、模試や実力テストでは、「わかる」、「おぼえる」、「できる」のバランスがとれた力が問われているわけです。「覚える」だけで「わかる」を欠いていたら、当然応用力はつきませんし、記憶そのものも長くは保てないでしょう。

 「でも、『わかる』ことが大事だというのは、数学など一部の科目だけで、理科でも化学・生物、とくに社会などは、何よりも『覚える』のが大切ではないですか」

 こういう疑問は当然あるだろうと思います。

 けれども、一般に「暗記科目」と思われている化学・生物、歴史・地理などでも「わかっているから覚えられる」という内容はいくらでもあります。さらに、もっとも暗記的な要素が強いと思われる英単語の記憶でさえも、単語の成り立ちなどが「わかる」ことによって、はるかによく覚えられます。

 ですから、「わかる」よりも先にまず覚えてしまおうとするのは、応用が利かないだけではなくて、記憶法としても効率がよくないのです。

 

「わかる」とは何か

 ここで、「わかる」ということについて、もう少し深く考えてみましょう。

 「わかる」ということを、さらに細かくみると、次のような意味が含まれていると思います。

 「1. 理屈に納得する」

 「2. 想像できる。イメージがわく」

 「3. 気が付く」

 実は、学力が伸びていくときは、「1. 理屈に納得する」という段階から、「2. 想像できる。イメージがわく」という段階にすすみ、それから「3. 気が付く」という段階に入ります。そして、ある段階から次の段階に移ったとき、飛躍的に学力が伸びるのです。反対に、なかなか次の段階に移れないときは、学力は伸び悩みます。

 

 

「わかる」のはじまり

学校の授業などで「理屈に納得する」というのは、「わかる」の第一段階です。

けれども、その段階で止まっていては、「わかったつもり」になっているだけで、記憶にも十分残っていません。

この段階で無理に記憶しようとしても、覚えにくいし、すぐに忘れてしまうでしょう。

次の「想像できる。イメージがわく」という段階になって、ようやく記憶として残るようになります。何度も想像しているうちに、記憶に定着するのです。()

 

() このサイトで「科学短歌」を掲載しているのは、五・七・五・七・七というリズムが「想像力と記憶」を助けるからです。

 

この「想像できる。イメージがわく」という段階に入って、ようやく知識の蓄積ができてきます。そして、蓄積ができるにつれて勉強がだんだん面白くなってきます。

続きは、「本物の学力とは何か

 

[Q&A 教育・学習・勉強の悩み相談]

 

天才をつくるシリーズ

 小学生から遊べる三角関数・対数ゲーム 親子で遊ぶ トランプで解く確率

小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ