天才をつくる教材

メルマガ登録

塾代を節約する家庭学習法

Home

 

 

かけざん九九を覚えるための手作りカードゲーム

(苦手克服編)

 

 

 

単純な反復練習よりも・・・

 かけざんの九九を完全に覚えるには、1年や2年かかることも珍しくない。ふつうは、お子さんが学校で教わるまでは「九九」というものの存在すら教えないだろうから、2年生で九九を習い始めたとしたら、3年生、4年生になってもまだ「確実には」身に付いていないというお子さんも多いのではないだろうか。

 そんなときは、対策として単純な反復練習だけでは効果が出ないこともある。ことばの音をくり返しているだけで、数の概念と結びついていないこともあるからだ。

別ページで紹介したカルタ式のゲームは、そんなお子さんのためにも効果があるので、ぜひやっていただきたいと思う。

けれども、ここでは特に、かけざんの九九を習い始めてしばらくたつが、なかなか覚えられないお子さんに、楽しみながら覚えてもらうのためのゲームをご紹介しよう。

 

お子さんの九九をチェック

 このゲームも手作りなので、まずカードを作らなければならない。

 だが、その前に、お子さんの九九の能力をチェックすることにしよう。チェックには、九九を順番に言わせるだけではなくて、ランダムにも言わせてみたほうがいい。(チェックシートを用意してあるので、利用してほしい。) すると、どうもうろ覚えのところや間違えやすいところが見つかるはずだ。

 さて、かけざんの九九は、全部で9 x 981とおりあるのだが、1の段を除けば8 x 864とおりになる。そのうち、交換できるもの(2 x 3 と「3 x 2」など)の片方を除くと、36とおりである。さらに、たいていの子どもは「はっぱろくじゅうし」や「くくはちじゅういち」などの同じ数どうしをかけるパターンは得意なので、それも除くと28とおり。おそらく、そのなかに、お子さんの間違えやすいパターンが隠れているのではないだろうか。

 それが、どの計算かがわかったら、忘れずに記録しておく。というのは、今から作るカードは、かけざん九九の計算すべてに対応しているわけではないからだ。(対応させることは可能だが、そうすると、カードの数が多くなりすぎる。)

 

子どもの成績が上がり、お金も貯まる!?  -- 音読学習の実際

 

暗記力を高め、かるたにもなる音読教材。今なら全内容の試し読みが無料

 

 『リズムとクイズで覚える小学校の理科』「小学生向き理科カード五・七・五」の内容に解説を加えました。小さな子でも覚えやすく、高度な理科を先取りできます。(総合編。分冊版もあります。)

 

 『理科百人一首 物理・化学編』小学校高学年から高校の先取りまで。詳しい解説で文系のお父さん、お母さんがお子さんに説明してあげられるようにしました。

 

 『理科百人一首 生物・地学編』五七五七七なら生き物や人体、地球と宇宙のしくみが直感的にイメージできます。解説、確認問題付きで、覚えやすいように工夫しています。

 

 『元素百人一首』特色や用途を五七五七七で覚えられます。解説、確認問題付き。

 

 『日本史人物 百人一首』かるた遊びは小学生から。解説は歴史の流れや人物関係を重視し、中学と高校をつなぐ内容になっています。

 

 『世界の国々 百人一首』中学地理でとりあげられる国については地理や気候を、比較的なじみのない国については歴史を重視して五七五にまとめ、解説しました。かるた遊びもできます。

 

 

塾に行かず、一日10分の自宅学習で、60だった数学90に! --奇跡の音読学習

 

 

数字のパターンを選ぶ

 次に、かけざん九九の表から、お子さんがあまり得意でない計算を含めて、およそ10のパターンを選ぶ。

 ここで、気を付けて欲しいことは、そのパターンは、計算(例えば、「にく」「さぶろく」など)ではなくて、「答え」で選ぶということである。

これから作るカードでは、「答えが同じ」なら同じグループになる。つまり、「にく」と「さぶろく」は、計算は違うが、答えが同じなので、1つのグループに入れる。

 ところが、表をみてもわかるように、九九には、答えが同じになる計算がいくつかある。

 

 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(1)

1

2

3

4

5

6

7

8

9

(2)

2

4

6

8

10

12

14

16

18

(3)

3

6

9

12

15

18

21

24

27

(4)

4

8

12

16

20

24

28

32

36

(5)

5

10

15

20

25

30

35

40

45

(6)

6

12

18

24

30

36

42

48

54

(7)

7

14

21

28

35

42

49

56

63

(8)

8

16

24

32

40

48

56

64

72

(9)

9

18

27

36

45

54

63

72

81

 

 つまり、答えが「12」「16」「18」「24」「36」となるパターンは、交換法則で式の前後の数が入れ替わる以外にも、別の計算があるということである。

 いずれにせよ、答えが同じになる計算を、ここでは10パターン選んだとしよう。

 例えば、

 「12(2 x 6, 6 x 2, 3 x 4, 4 x 3)

14(2 x 7, 7 x 2)

15(3 x 5, 5 x3)

24(3 x 8, 8 x 3, 4 x 6, 6 x4)

36(4 x 9, 9 x 4, 6 x 6)

42(6 x 7, 7 x6)

48(6 x 8, 8 x6)

56(7 x 8, 8 x7)

63(7 x 9, 9 x7)

72(8 x 9, 9 x 8)

 を選んだとして、作り方を説明しよう。

 

次は「カードの作り方・遊び方

 

[かけ算九九ゲーム(導入編)]

 

[手作り教材アイディア集]

 

天才をつくるシリーズ

 小学生から遊べる三角関数・対数ゲーム 親子で遊ぶ トランプで解く確率

小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ