天才をつくる教材

メルマガ登録

受験業界にだまされない家庭学習法

Home

 

塾へ行かせない、中学受験させない。がり勉にしない。でも、

子どもを

「天才」にする。

 

Part 2           「天才」をつくるかんたんな方法

 

 

音読学習と学習漫画の勧め

 子どもが小学校に上がってからは、音読学習がおすすめである。学校の国語教科書以外に、もう一冊くらい音読教材を用意しよう。また、国語だけでなく算数(計算)も音読させる。算数(計算)の音読教材は、同じものを飽きるくらい使ってもかまわない。

それから、数を数えさせるのも効果的だ。(0)1234・・・100のように数えさせるだけでなくて、100から逆向きに数えさせたり、2468・・・(2の倍数)36912・・・(3の倍数)を数えさせたりする。このくらいのことは掛け算の九九を知らない子どもでもできる。2ずつ足したり、3ずつ足したりしていけばいいからだ。ただし、音読学習は、短い時間でかまわないので、ほぼ毎日続けたほうがいい。ときどき、かんたんな算数ゲームなどを組み合わせればさらに効果的だ。

 学校の宿題以外に、学齢に応じた教材でこのような音読学習を続けているなら、あとはさまざまな学習漫画などを読んでいるだけでも相当な幅と深みのある知識が得られるはずである。理科の学習漫画もいいが、とりわけ社会の分野で日本の学習漫画の層は厚い。子どものために経済のしくみを説いた良書がめったにないなかで、個々の企業や産業に焦点を当てたシリーズは、子どものための貴重な「ビジネス書」だ。また、小学校では全く習わない世界史も学習漫画なら学ぶことができる。世界史は現代人にとって必須の教養である。

 たったこれだけのことで、子どもは学習塾に通うことなく上位の成績をキープできるだろう。さらに学習塾に入らなくて済むとなると、お母さんがパートに出る必要もなくなるかも知れない。子どもにとっては時間的余裕が、親にとっては経済的なゆとりが生み出されるのだ。

参考・音読用計算問題の例 低学年・中学年用

(プリントして使えます)

1 2 3 4 5 6 7

 

子どもの成績が上がり、お金も貯まる!?  -- 音読学習の実際

 

暗記力を高め、かるたにもなる音読教材。今なら全内容の試し読みが無料

 

 『リズムとクイズで覚える小学校の理科』「小学生向き理科カード五・七・五」の内容に解説を加えました。小さな子でも覚えやすく、高度な理科を先取りできます。(総合編。分冊版もあります。)

 

 『理科百人一首 物理・化学編』小学校高学年から高校の先取りまで。詳しい解説で文系のお父さん、お母さんがお子さんに説明してあげられるようにしました。

 

 『理科百人一首 生物・地学編』五七五七七なら生き物や人体、地球と宇宙のしくみが直感的にイメージできます。解説、確認問題付きで、覚えやすいように工夫しています。

 

 『元素百人一首』特色や用途を五七五七七で覚えられます。解説、確認問題付き。

 

 『日本史人物 百人一首』かるた遊びは小学生から。解説は歴史の流れや人物関係を重視し、中学と高校をつなぐ内容になっています。

 

 『世界の国々 百人一首』中学地理でとりあげられる国については地理や気候を、比較的なじみのない国については歴史を重視して五七五にまとめ、解説しました。かるた遊びもできます。

 

 

塾に行かず、一日10分の自宅学習で、60だった数学90に! --奇跡の音読学習

 

 

高校の勉強を先取り(!?)

このようにして小学校高学年ともなれば、そろそろ次の段階のことを考えたほうがいい。とはいえ、「中学受験」などは、都会に住む一部の家族だけに可能な選択である。

そこで、ここではその気さえあれば、どこに住んでいるどんな親でも実践できる「子どもを天才にする方法」を伝えたいと思う。

 結論から言えば、それは高等学校の勉強を「先取り」することである。

 こう言うと、「小学生に高校の内容が勉強できるわけがないじゃないか」と思われるだろう。

 そんなことは当たり前である。文字通りの「先取り」として、高校生が読むようなテキストを勉強させることは不可能だし、意味もない。

 だが、それまでにいろいろな学習漫画を読ませているのだとしたら、それはすでに高等学校で学習する内容の「先取り」を含んでいるはずだ。例えば、学習漫画の世界史や中国史のシリーズを読破すれば、下手な高校生などよりも知識が得られているかも知れない。

したがって本当に大事なのは内容が小学生レベルか中高生レベルかということではない。「触れさせ方」なのだ。「触れさせ方」によっては、小学生であっても高校レベルの内容を理解することは可能だからである。「高校で習う内容だから小学生には無理」と頭から決め付けてしまう必要はないのだ。

 

中高の「ギャップ」をなだらかに

 では、どうして小学生のうちから高等学校で習う内容に触れたほうがいいのか。

 それは日本の高校で学習する内容が難しすぎるからである。

 一般に日本の公教育の内容は、小学校・中学校がおしなべて平易なのに対して、高等学校段階で極端に差が付くように設計されている。

すなわち、東大合格者を大量に出すような高校では大学レベルと言っていいほどの授業が行なわれている一方で、中学校の内容のくりかえしに近い学校もある。

そのような事情だから、中学では優等生のつもりで名門高校に入ったはいいが、高校で落ちこぼれるというのは珍しいことではない。実は、ふつうの公立中学から名門と呼ばれる高校に進学するのは、ハイキングが途中からロッククライミングになるようなものである。ついていけない生徒がいてむしろ当然なのだ。

 このようなショックを避けるためには、中学校までの坂を多少きつくすることで高校の内容となだらかにつなげるしかない。それが、ここでいう「先取り」の意味なのである。

では、なぜ小学生から始めるのかと言えば、中学では思春期・反抗期の真っ只中にある時期なので、親の言うことなど聞かない可能性が高いからだ。小学生であれば、まだ親が与えた本を読んだり、親といっしょに教育的なゲームを遊んだりしてくれると期待できる。

(1  2  3)

小学生から遊べる対数ゲーム

小学生から遊べる三角関数ゲーム

親子で遊びながら解く 確率トランプ・パズル

 

天才をつくるシリーズ

 小学生から遊べる三角関数・対数ゲーム 親子で遊ぶ トランプで解く確率

小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ