天才をつくる教材

メルマガ登録

塾代を節約する家庭学習法

Home

 

手作り「分数」カード・ゲーム

習い始めてすぐに遊べる

 

 

 

意外に少ない「分数ゲーム」

 算数は、ゲーム感覚で学べば楽しくなる。だから、算数や数学の学習は、もっとゲームを利用するべきだ。「アルゴ」や「マスマジシャン」など、数はそれほど多くはないものの、市販の算数ゲーム・数理ゲームにも、なかなかいいものがある()

 

() ゲームとしては、ディジタルなものよりも、カルタやカードなどがコミュケーションの手段としてもおすすめです。「アルゴ」などが有名ですが、意外に知られていないのが「マスマジシャン」です。低学年の算数から始まって、連立不等式までカードゲームで遊べるというスグレモノです。詳細は、こちらです。

 

 ところが、意外にないのが「分数を学べるゲームやパズル」である。

 「分数」は、小学校の算数における一つの山場といってもいいだろう。ここでつまずく子どもたちも多いという難関だ。その難しさは、「分数の割り算は、なぜ分母と分子を逆にして掛けるのか」など、大人向きの本でも真面目に取り上げられているくらいである。

けれども、原理そのものを理解するのは、掛け算・割り算の基本を一通り終えた段階であれば、可能なはずである。

 だから、かんたんに導入したあとで、ゲームを通じて分数の概念に慣れるのは効果的だと思うのだが、いかんせん、いいゲームがなかなか見つからない。いいゲームどころではなく、「分数」を取り上げたゲームそのものが少ないように感じる。

 

子どもの成績が上がり、お金も貯まる!?  -- 音読学習の実際

 

暗記力を高め、かるたにもなる音読教材。今なら全内容の試し読みが無料

 

 『リズムとクイズで覚える小学校の理科』「小学生向き理科カード五・七・五」の内容に解説を加えました。小さな子でも覚えやすく、高度な理科を先取りできます。(総合編。分冊版もあります。)

 

 『理科百人一首 物理・化学編』小学校高学年から高校の先取りまで。詳しい解説で文系のお父さん、お母さんがお子さんに説明してあげられるようにしました。

 

 『理科百人一首 生物・地学編』五七五七七なら生き物や人体、地球と宇宙のしくみが直感的にイメージできます。解説、確認問題付きで、覚えやすいように工夫しています。

 

 『元素百人一首』特色や用途を五七五七七で覚えられます。解説、確認問題付き。

 

 『日本史人物 百人一首』かるた遊びは小学生から。解説は歴史の流れや人物関係を重視し、中学と高校をつなぐ内容になっています。

 

 『世界の国々 百人一首』中学地理でとりあげられる国については地理や気候を、比較的なじみのない国については歴史を重視して五七五にまとめ、解説しました。かるた遊びもできます。

 

 

塾に行かず、一日10分の自宅学習で、60だった数学90に! --奇跡の音読学習

 

 

「分数カード」の作り方

 そこで、ごく単純なものだが、すぐに手作りできて遊べる「分数カード・ゲーム」を考えてみた。紙とハサミとマーカーさえあればすぐに作れるので、お子さんが学校で分数を習い始めたら遊んでみてはどうだろうか。また、掛け算・割り算の基本ができているお子さんであれば、学校で分数を習っていなくても簡単な導入をしておけば遊べるかも知れない。

 カードは、厚紙や工作用紙などを適当な大きさに切り(6 cm x 4 cm、または7 cm x 5 cmなど)、同じ大きさのものを44枚用意する。そして、1枚につき1つずつ、分数を書き込んでいく。書き入れる分数は、次の通りである。[ブラウザによっては分数がうまく表示されないことがあります。以下同じ。]

 

 [1/2]  [2/4]  [3/6]  [4/8]                 (1)

 [1/3]  [2/3]  [2/6]   [4/6]                 (2)

 [1/4]  [3/4]  [2/8]  [6/8]                   (2)

 [1/5]  [4/5]  [2/10]  [8/10]              (2)

 [2/5]  [3/5]  [4/10]  [6/10]   (2)

 [1/6]  [5/6]  [2/12]  [10/12]             (2)

 

 これを見るとわかるように、例えば「 [1/2]  [2/4]  [3/6]  [4/8]」というのは、約分することができて、実は同じ数である。このように、このカードでは、約分すれば同じ数になるものがそれぞれ4枚ずつできるようになっている。

そして、例えば「 [1/3]+ [2/3]= 1 」のように、足して1になる組み合わせもできるようになっている。

 カード作りは基本的にはこれだけである。

ただし、子どもが学校で分数を習っていない、あるいは分数にまだ慣れていないときは、カードに扇形か、パイを切ったような形を描き入れて、その分数の意味が絵でわかるようにするといいかも知れない。

例えば、「 [1/2]」のカードには半円、「 [2/4]」のカードには円を4等分した2つ分を描いて、これらが同じものであるとわかるようにしておく。

次は、「分数カード・ゲームの遊び方

 

 

[手作り教材アイディア集]

 

天才をつくるシリーズ

 小学生から遊べる三角関数・対数ゲーム 親子で遊ぶ トランプで解く確率

小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ