天才をつくる教材

メルマガ登録

塾代を節約する家庭学習法

Home

 

 

アメリカの理科から学ぶ家庭教育のヒント

--体系的な学習と先取り--

 

 

 

日本の理科を補うヒント

 小学生の習う理科など世界のどこでも似たり寄ったりだろうと思ってはいないだろうか。

もちろん、共通点はある。けれども、違いが少なくないのもまた確かである。

ここでは、日米の小学校高学年が用いている理科の参考書(日本では中学受験用の参考書)を比較しながら、それぞれの特徴を探り、もし日本の側に足りない点があるのならどのように補っていけば、「世界に通用する理科」を身に付けることができるのかを考えてみよう。ただし、これは教育政策の話ではない。政策の変化など待っていられる親はいないからだ。「今すぐ」、「個人()」が、「家庭」で、どうすれば補えるのか、という話である。

 

表・小学理科の日米比較(生物地学物理化学)

 

 では、上のリンクを開いて見ていただきたい。これらは、日米の小学校高学年(日本の場合は中学受験)で習うおよその内容を項目別に分け、その内容が参考書などでカバーされているかどうかを一覧表にしてみたものである。見やすさなどのために一応、生物・地学・物理・化学の四分野に分けているが、小学校の段階では物理と化学の境界がとりわけあいまいであることもあり(この点はアメリカも同様)、必ずしも厳密に分けられるものではない。

 

全体的な傾向の違い

 最初に、ざっと全体的な傾向を見てみよう。すると日本の小学校の範囲と比べて、アメリカでは、生物と地学の分野が非常に充実しているのがわかるだろう。そしてそのしわ寄せというべきか、物理と化学についてはやや手薄ではないかという印象を受ける。特に化学分野の学習項目が少ないのが目立っている。

もう一つ特徴的なのは、充実しているはずの生物分野において、日本ではかなり詳しく学ぶことになっている人体についての項目がアメリカでは全く欠けていることである(もっとも、これは「保健」という科目が別にあって、そこで詳しく勉強するからだとも考えられる)

これに対して、日本の中学受験用の参考書では、生物・地学・物理・化学のそれぞれの分野から比較的バランスよく項目が採用されていて、偏りが少ないように見受けられる。

 

日本の理科は中途半端

 四分野それぞれをバランスよく学ぶことは、基本的には悪いことではないだろう。だが、日本の場合、バランスが保たれている分、どの分野も中途半端になっているという印象は否めない。アメリカでは、生物と地学、そしてその境界領域である「環境」については、ほぼ体系的と言える内容であり、その分野の全体像がほぼ把握できる構成なのに対して、日本の場合、どの分野をとってもまるで「つまみ食い」のようで、項目どうしの関連性がわかりにくいのだ。

確かに、小学校の段階で、生物・地学・物理・化学のすべてをある程度「体系的」と言えるくらいに詳しく学習することは、子供にとって相当な負担を強いることになるだろう。だからこそアメリカの小学校では、せめて生物と地学くらいは体系的に教える代わりに、物理・化学については「さわり」程度にとどめておこうという配慮があるのかも知れない。物理や化学に比べて身近で具体的な事物や現象について学ぶ生物・地学・環境などのほうが小学生にとっては負担が少ないということもあるだろう。

一方、日本の中学受験用のテキストでは、「体系的な」ものにしようとは最初から考えられていないように見える。それぞれの分野から、複雑でわかりにくそうなところ、間違えやすいところをピックアップすることに主眼があり、各項目の内容が全体的にどのように関連しあっているのかについては、なかなか見えてこない構成だ。つまり受験に特化した内容で、そもそも目的が違うと言えばそれまでだが、このような構成が中学受験用参考書のわかりにくさの理由となっているとも思える。

 

 天才をつくるシリーズ

 小学生から遊べる三角関数・対数ゲーム 親子で遊ぶ トランプで解く確率

小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ

 

発展的な物理・化学

 次に学習している内容についてやや細かくみてみよう。

さきほどアメリカの場合、小学校の物理・化学は「さわり」程度でボリュームは少ないと述べた。ところが、学習内容をみてみると、その印象はかなり変わってくる。ニュートンの運動の三法則あり、原子の構造(陽子・中性子・電子)あり、元素周期表ありといったように、およそ日本の小学校では(場合によっては中学校でも)習わないような高度な項目が並んでいるのである。

これを見ると、「こんなことを勉強しなくてはならないなんて、アメリカの小学生は大変だ」とか、「さすがアメリカ、小学校でこんな高度な内容を教えているとは」と思われるかも知れないが、それは日本人的な発想というものだろう。

一般に日本人は、教科書に出ていることは全部覚えなければならないと考える傾向があり、おそらくその前提で教科書を編集し、テストも作っている。確かに、小学生からこんな内容を覚えて、さらに「受験」で問われるのだとしたら、それは相当大変に違いない。

だが、アメリカでは日本と異なり中流家庭の子弟が中学受験するというケースはまれであり、たとえあったとしても試験内容としては暗記と計算よりも論述と口頭試問が中心になる。従って、学習内容がやや高度なものにわたったとしても、それが生徒の負担増に直接つながるわけではないのだ。そもそもアメリカでは、教科書や参考書は「調べる」ためのものであって、その内容をすべて暗記したり、演習問題を解いたりするためのものだとは必ずしも考えられていない。だからこそ、発展的な内容にどんどん踏み込めるのである。

 

 

中学・高校の内容を「先取り」する

 確かに、アメリカの場合、小学校高学年向きの理科の参考書にニュートンの運動の法則があり、オームの法則があるとはいっても、そこに練習問題が付いていたりするわけでもない。ただ「そういう法則(現象)」があると知らせているだけなのである。おそらく、法則を用いて実際に計算問題を解いたりするのは、中学生・高校生になってからでいいと考えられているからだろう。小学校の段階では、「法則(現象)」があるということを知っていれば十分だということである。

 われわれ日本人から見れば、「演習問題を解かなくて身に付くのか」とか、「法則の名前だけ知っていて意味があるのか」という疑問が沸くかも知れない。

ところが、たとえ演習問題を解くことはなくても、小学生の段階で「そういうものがある」と知っておくだけでも、そこには重要な意味があるのだ。

それというのも、それらの法則(現象)について「聞いたこともない」状態で中学生、高校生になるのと、「一応知っている」状態から次の段階に進むのとでは身に付き方に雲泥の差があるからである。

「聞いたこともない」状態で中学生、高校生になり、そこで初めて概念を導入されたとすれば、子供たちは、耳慣れない用語と、にわかにはイメージできない現象にまず戸惑うことになる。しかもそのさなかに、いきなり「演習問題」だの「応用問題」をやらされるのだ。これでは、ついていけない生徒が出て来ても不思議ではないし、要領よく問題が解けたとしても、単に解法を覚えたというに過ぎず、実はよくわかっていない可能性もある。

これに対して、小学生のときに言葉だけでも知っていたならば、本格的に学ぶ段階になっても「ああ、あれか」と思うだけなので、心理的な抵抗は少ない。さらに、初めて概念を導入してから時間がたっているので、その間にそれがどんな現象かということを想像する機会もあるかも知れない。これにより、スムーズに演習問題や応用問題へと進めるのである。

その意味で、アメリカの小学生が学ぶ理科では、小学校と中学・高校の内容が無理なく接続できるような配慮がされていると言える。すなわち、すでに小学校の段階で、中学・高校の内容が効果的に「先取り」できるようになっているのである。

 

「体系的な学び」へ

 では、このようなアメリカの小学生の理科教育から、小学生・中学生の子供をもつ日本人の親は何を学ぶことができるだろうか。

 一つは、生物・地学・物理・化学というそれぞれの分野を「体系的に学ぶ」ということである。

すでに述べたように、日本の小学校で学ぶ理科は、生物・地学にしても、物理・化学にしても、「体系的」と呼べるほど詳しくはない(最近は、中学で学ぶ理科でさえも内容が削られているので、高校に入ってやっと「体系的に学ぶ」と言えるかも知れない)。これは中学受験をする、しないには関係がないことである。中学受験の勉強は、各項目に習熟することを目指しているので、各項目を関連付けるような「体系的」内容には必ずしもなっていないからだ。

しかし、それぞれの分野について真に理解を深めるには、「体系的」に学び、全体像をつかむ必要があるだろう。

 では、どうすれば「体系的に」学ぶことができるのだろうか。

 

子どもの成績が上がり、お金も貯まる!?  -- 音読学習の実際

 

暗記力を高め、かるたにもなる音読教材。今なら全内容の試し読みが無料

 

 『リズムとクイズで覚える小学校の理科』「小学生向き理科カード五・七・五」の内容に解説を加えました。小さな子でも覚えやすく、高度な理科を先取りできます。(総合編。分冊版もあります。)

 

 『理科百人一首 物理・化学編』小学校高学年から高校の先取りまで。詳しい解説で文系のお父さん、お母さんがお子さんに説明してあげられるようにしました。

 

 『理科百人一首 生物・地学編』五七五七七なら生き物や人体、地球と宇宙のしくみが直感的にイメージできます。解説、確認問題付きで、覚えやすいように工夫しています。

 

 『元素百人一首』特色や用途を五七五七七で覚えられます。解説、確認問題付き。

 

 『日本史人物 百人一首』かるた遊びは小学生から。解説は歴史の流れや人物関係を重視し、中学と高校をつなぐ内容になっています。

 

 『世界の国々 百人一首』中学地理でとりあげられる国については地理や気候を、比較的なじみのない国については歴史を重視して五七五にまとめ、解説しました。かるた遊びもできます。

 

 

塾に行かず、一日10分の自宅学習で、60だった数学90に! --奇跡の音読学習

 

読書を活用しよう

答えは実は簡単なことである。読書を活用するのだ。

「読書」であれば、内容を覚えなければならないとか、問題を解かなければならないというような心理的なプレッシャーはない。しかも、小学生向きの科学の本でも、最近は非常に詳しいものが出ているし、図鑑・事典の類はさらに「体系的な」内容となっている。やはり市販されているものは、どちらかと言えば生物・地学系のものが充実しているのだが、子供向きの物理・化学系の本もそれなりに出ている。下記の日米比較表には本の一覧も付けたので、参考にしていただきたい。

 

表・小学理科の日米比較(生物地学物理化学)

 

繰り返しになるが、「体系的に学ぶ」とは言っても、別に内容を覚え込む必要はない。興味が掻き立てられて、自然に頭に残るだけで十分なのである。

 

「無理のない学習内容の接続」

小学生の子をもつ日本人がアメリカの小学生の理科教育から得られるもう一つの教訓は、「小学校・中学校・高校の内容をスムーズに接続する」ということである。

 さらに、これに関連して言えることは、地方在住であることや経済的な事情等により「中学受験」をすることができなくても、別に悲観する必要はないということである。

それというのも、もし中学受験するということになれば、小学5年・6年くらいでは受験勉強にかかりきりになってしまうだろう。そんなときに、試験に出そうもないことをわざわざ勉強してみようという気にはならないし、親もそういう内容を(たとえ将来役に立つとわかっていても)学習させようとは思わないのではないか。

だとすれば、中学受験する場合、小学校の段階から「ニュートンの運動の法則」や、「元素周期表」などの発展的な内容を学ぼうというモチベーションは、場合によってかなり抑制されるはずである(また、「理科」ではないが、「世界史」や「英語」などについても同様だろう)

 

「中学受験」しないメリット

従って、このような高校やそれ以降に本当に役立つ内容は、中学受験しないからこそ、積極的に「先取り」して学ばせることができることなろう。受験がないから、小学校・中学校・高校の内容を無理なくつなげることができるのだとも言える。

中学受験の勉強をしている子供たちが「星座」だの「メダカのひれの形」だのを覚えている間に、「運動の法則」「元素周期表」「世界史」「英語」などを学ぶことができるならば、将来の大学受験だけではなく社会に出ても役立つ知識を得られる大きなアドバンテージではないだろうか。

もちろん、いかにも「勉強」という形で机に向かわせたりする必要もない。これもやはり読書を大いに活用しよう。子供でも興味深く学べるようなマンガやその他の教材がいろいろと出ているからである。中学受験しないほうが、高度な内容をストレスなく学習できるということもあるのだ。

参考 [学習まんが--理科・科学]

[学習まんが--社会・国語]

[学習まんが--算数・数学]

 

おカネをかけずに学力を伸ばす

 最後に、ここまでの内容から、いかにもアメリカのやり方を称讃しているように思われるかも知れないが、そういうことではない。ここでは「日本のやり方を補う」ヒントを探っているのであって、日米の優劣を論じているわけではないのだ。あらゆる点でアメリカの理科教育が日本より優れているわけではないのはもちろんだろう。

だが、日本と比較すれば、かの地では多くの生徒が公立高校で学び、そこから一流大学に進んでいることもまた確かなのである(アメリカで一流と呼ばれる大学の多くは私立であり授業料も高いが、奨学金制度が極めて充実しているため、裕福でなくとも学ぶことができる)。その意味で、費用をかけずとも子供の学力を伸ばすヒントがアメリカの理科教育に見出せるとしても、それは理由がないことではないのだ。

 

 天才をつくるシリーズ

 小学生から遊べる三角関数・対数ゲーム 親子で遊ぶ トランプで解く確率

小中学生向き理科かるたシリーズ  小学生向き理科カード五・七・五 科学の偉人かるた 

元素百人一首かるた        日本史人物かるた        世界地理かるたシリーズ

 

 

サイトマップ

(物理)(化学)(地学)(生物)(その他)